原鶴温泉ガイド TOP → 原鶴温泉について 原鶴温泉とう飼い

原鶴温泉とう飼い

原鶴は鵜(う)飼い発祥の地としても有名です。鵜飼いのシーズンが通常五月の終わり頃〜九月の終わり頃までで、その頃には屋形船などで見学ができるようなプランも宿が準備しています。そしてその鵜飼いでとれた鮎がとてもおいしく、様々な面での満足感が充たされるでしょう。鵜飼いに興味を注ぐ方は、温泉だけでなく鵜飼いを目当てにしてやってくることもあるほどです。

鵜飼いというのはご存じない方にとって聞き慣れない単語かと思います。実際、鵜飼いを行っているのは、原鶴温泉のある福岡県を含めても、京都府や愛知県など十一の府県でしか見られません。そのため鵜飼いと聞いても、鵜を使うということが何となく分かるくらいで、細かなことまでは分からないでしょうし、また実際に見たことも無いという声のほうが多いくらいです。

鵜飼いの方法というのは、簡単に説明してしまうと、川などに紐をつけた鵜を放し、鮎を飲み込ませるという漁法です。鵜はある一定以上の大きな鮎を飲み込めませんので、それを吐き出させたるというわけです。一度飲み込ませたものを吐き出させるのは可哀想、と思われるかもしれませんが、鵜も飼われていますし、ある程度はギブアンドテイクと言えなくもないでしょう。

鵜飼いは実際に見てみると、人づてに聞くよりも面白いものです。一度くらいは本場の鵜飼いを見て、獲れた鮎を食べてみるのも良いでしょう。小さなお子様から大人の方まで楽しめるはずです。

原鶴温泉について


ティアモ セール
ティアモのセールならこちらで!

ナースシューズ
ナースシューズならユニフォーム専門店 e-UNIFORMがオススメ!