原鶴温泉ガイド TOP → 原鶴温泉について 原鶴温泉のはじまり

原鶴温泉のはじまり

原鶴温泉は江戸時代から温泉街としての顔を見せ始めており、湯治場として親しまれてきました。今日に至るまで湯治場として栄え続け、どことなく変わらぬ風流を保っているのも、原鶴温泉の赴き深い特徴と言えるでしょう。福岡の奥座敷ともいわれており、情緒豊かな町並みが筑後川に沿って佇んでいます。ずっと先の未来まで残したい、日本有数の温泉街といえるでしょう。

原鶴温泉のはじまりは、二説あります。まず一説は、ある寒い寒い日に鶴が舞い降りて、その鶴がお湯に入っていたところから温泉が発見された、と言い伝えられています。その鶴の羽が傷ついており、それを癒すため温泉に浸かっていたということから、原鶴温泉には療養効果があることにも結び付けられました。湯治を目的として、はるばる遠くから入湯を望んで訪れる方も多いほどです。

原鶴温泉のはじまりには、もう一説あります。雪が降り積もるある日のこと、不思議と雪の積もらない場所があったことで、そこを調べると温泉を発見したという説です。鶴が舞い降りた、というおとぎ話のような話とはまた違いますが、こちらの説もなかなか趣があります。当時の人々は雪が降り積もらないことを不思議に思い、そしてそこを調べてみると温泉が湧き出た、となると、まるで神様が温泉の存在を教えてくれたかのように感じたかもしれません。

原鶴温泉は江戸時代から存在する、歴史の長い湯治場であり、またこれからも歴史の深みを保ったままに人々を癒し続けることでしょう。

原鶴温泉について


アレルギー性鼻炎 治療
アレルギー性鼻炎の治療なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

レンタカー鹿児島空港
http://www.dgachn.org/

品川 透析
品川で透析なら五反田ガーデンクリニック!

犬のしつけ教室 ペットホテル東京(羽田空港送迎可)
http://pethoteltokyo.com/